視覚障がい者用誘導標示材

弊社施工使用素材工法のご紹介、トアエスコート及びリードラインF

700cimg2764

 (函館駅の施工)
トアエスコート「JIS対応品」
トアエスコートは視覚障がい者の方々の歩行支援システムとして道路交通法に定める道路の効用を妨げず、
一般交通にも支障を与えないでバリアフリー化できる画期的な商品です。

chenge1chenge2chenge4chenge3

①歩行支援タイプ「トアエスコートガイド(T・Sタイプ)」

視覚障がい者支援システムは視覚障がい者用ブロックなどとして、全国の道路、公共施設、駅などに敷設され視覚障がい者の方々の歩行を手助けするものとして広く普及しております。しかし視覚障がい者用ブロックは突起の形状・寸法及びその配列に多種多様なものがあるため規格統一が図られ2001年にJIS T 9251として規格化されました。トアエスコートガイドはこの規格に適合し視覚障がい者に「突起が認知しやすく」「突起の切り替わりがわかりやすく」「全ての障がいの方々に認知しやすい」ものとして造られました。

②リードラインF「仕上がりの耐久性、強度に優れています。」

路面に下地塗料(リードラインF GPAN)を塗布した後、その上にフィルムに固定した点字突起を貼り付けるタイプで、仕上がり、耐久性、強度に優れています。また施工作業性に優れ各種舗装路面への設置が容易にできます。

 350_pc250077350_pc240069

350_pc240067350_pc250070

工事施工例

お気軽にお問い合わせください。0134-61-2777受付時間 8:30-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。